【トラブル事例#2】自分で慰謝料請求する場合

「弁護士はお金がかかりそう。自分で慰謝料を請求したい!」「余計な支出は押さえて、慰謝料は丸々もらいたい!」と、いう方もいらっしゃるかもしれません。このページでは、自分で慰謝料を請求するケースについて説明しましょう。

自分で慰謝料を請求した事例

「自分で慰謝料請求?そんなことできるの?」と思われるかもしれませんが、結論からいえば、自分で慰謝料を請求することは可能です。もちろん、それ相応の労力は必要ですし、相手方が弁護士をつけてきた場合は同等の専門的知識や高度な交渉力が求められます。

結果、訴訟を長引かせたり、自分に不利になったりするので、やはり離婚問題に通じた弁護士に依頼することが望ましいでしょう。では、参考までに自分で慰謝料を請求した一例をあげておきますので、興味のある方はチェックしてみてください。

Case1:慰謝料請求したものの先行きが不安…

夫の不倫相手に対し、内容証明で300万円を要求。すると、相手の女性からは「300万円は無理なので、100万円の一括払いでダメですか?」との回答が。

さすがに100万円で手は打てないので、「200万円なら訴訟を起こさない」と伝えました。相手はまだ検討中らしく返答待ちです。

子どももいるし離婚する気はないので、よくてもう50万円くらい上乗せできるかどうかというところですが、逆に相手が裁判に訴えてきたらちょっと困ります。向こうに弁護士でもつけられたらこちらも弁護士をつけざるを得ないので、裁判に勝っても慰謝料がどれだけ残るのか…。

正直、ちょっと手詰まり感があります。

Case2:最終的に泣き寝入り

結果からいうと、失敗です。何より、自分で慰謝料を請求するのは大変でした。まず相手の正確な指名と住所を把握するところからはじまり、訴訟関連の本を読み漁ってそれにならって内容証明を送付。

相手との交渉も、脅迫や恐喝と受けとられないようにしなければいけません。どこまで突っ込んでいいのかわからず、細心の注意をはらいながら恐る恐るすることに。

最終的に、相手は「支払い能力がない」の一点張り。残念ながら私にはそれを覆す方法がわかりません。こちらに離婚の意志もないことから、最後は数万円のお金で泣き寝入りすることになりました。

編集者後記

専門的な法律知識をもたない個人で慰謝料を請求するには、限界があるようです。個人での慰謝料請求が通用するのは、自分に専門知識があり、かつ相手に専門知識がないなどの場合に限られるでしょう。

下手をするともらえる慰謝料ももらえなくなりますから、はじめから慰謝料交渉や相談の専門家へ相談するのが賢明です。

離婚の慰謝料請求に強い弁護士事務所リストin関東
離婚の慰謝料請求に強い弁護士事務所リストin関東
離婚の慰謝料請求に強い弁護士事務所リストin関東
Popular Keywords

慰謝料請求されてしまった編