離婚弁護士の選び方とは?離婚問題の相談ガイド  » 離婚相談できる信頼の弁護士事務所リスト

離婚相談できる信頼の弁護士事務所リスト

離婚をするには「離婚届けを出せばいい」と思っている方も多いでしょうが、離婚はどちらか一方の意思だけで決定することはできません。離婚を成立させるには、正当な理由と必要な手続きを踏む必要があるのです。ここでは、一般的な離婚の流れについて解説していきます。

信頼できる事務所がズラリ…
離婚相談にふさわしい弁護士事務所

1.離婚できる状況かどうかを確認

離婚をするには、相手の合意か法律で決められた離婚原因が必要となります。法定離婚原因は以下の5項目。

  • 不貞行為(不倫・浮気)
  • 悪意の遺棄(正当な理由のない別居・生活費を渡さないなど)
  • 3年以上の生死不明
  • 回復が見込めない重度の精神病
  • 婚姻を継続しがたい重大な事由(性格の不一致・セックスレスなど)

以上の5項目のどれかに該当し、それが認められればどちらか一方からの申し出であっても離婚が認められることがあります。

2.夫婦間での話し合い(協議)

夫婦間の話し合いで離婚を決めることを協議離婚といいます。この場合はお互いの合意があるため、離婚届を提出すれば離婚は成立。ただし、この際に養育費・財産分与等の取り決めをきちんとしておかないと、後でトラブルになることがあるので要注意。協議離婚であっても取り決めたことはしっかりと書面に残し、公正証書にしておきましょう。

3.調停での離婚

協議によって離婚がまとまらない場合や、DVなどで話し合いが困難な場合には、裁判所に調停を申し立てることになります。調停では調停員が夫婦の間に入って双方の話を聞き、それぞれの立場を考慮した調整案を提示してくれます。調停が成立すると合意した内容が調停調書に記され、ここに記載されていることが守られなかった場合は強制執行などの手続きを取ることができます。

4.訴訟での離婚

調停が不成立となった場合は、家庭裁判所に訴訟を申し立てることになります。訴訟を起こすには、調停を経ていることと法定離婚原因があることが前提です。訴訟ではお互いの主張を述べ、最終的に裁判官が判決を言い渡すことになります。しかし、裁判官が和解を勧めてくるケースも多いので、判決を待つか和解に従うかは慎重に判断しましょう。法的な手続きやノウハウも重要となるため、一人では不安という方は離婚に詳しい弁護士の力を借りるのが賢明です。