【減額解決事例#2】W不倫

高額な慰謝料請求が突然届いて慌てないように、当サイトでは、もしものための慰謝料減額事例をまとめました。先輩たちの解決結果をぜひ参考にしてみて下さい。

離婚慰謝料【減額#1】
<W不倫の場合>

家族に秘密で減額交渉

  • 請求してきた相手:
    つきあっていた男性の妻
  • 請求された金額:200万円
  • 解決までにかかった時間:不明

Aさんは既婚者の男性Bと関係を持つようになりました。Aさん自身も既婚者で、交際は数カ月に及びました。ある日、職場にBの妻から以下のような内容証明が届いたのです。

「早急に夫との交際をやめてほしい。不倫の慰謝料として200万円を請求する。今後自宅等郵送先を教えなければ職場に通知書を送り続ける。」

Aさんは、慰謝料の支払いは覚悟していたものの、不倫が自分の家族にも発覚し、家庭が壊れてしまうことを何よりも心配しました。慰謝料を払わなければならないとしても、自分だけの力でお金を集めなければなりません。

そこで、Bの妻側にはお金の用意ができるまで待ってもらうか、長期の分割払いを組んでもらうことを強く希望しました。

Bの妻に対し、慰謝料を支払う姿勢は見せつつ、減額交渉を行い続けました。最終的に相場に近い金額をAさんが希望した分割により支払う内容で示談成立。

合意書に口外を禁じる内容を盛り込み、不倫の事実が第三者に伝わらないようなかたちで無事終結しました。

出典:ベリーベスト法律事務所HP:解決事例(家族に秘密のまま、慰謝料の長期分割払いを実現させた事例)

  • 慰謝料:減額金額は不明
対応した弁護士事務所:
ベリーベスト法律事務所
  • 所在地:東京都港区六本木1-8-7 アーク八木ヒルズ11F(東京本店)
  • 予約方法:メール、電話
  • 着手金:交渉15万円、調停25万円、訴訟30万円

離婚慰謝料【減額#2】
<W不倫の場合>

4ヶ月で290万円の減額

  • 請求してきた相手:
    つきあっていた男性の妻
  • 請求された金額:330万円
  • 解決までにかかった時間:4ヶ月

不倫相手の夫婦が離婚後、Fさんは、相手側から、代理人を就けた上で330万円の慰謝料請求訴訟を受けました。高額な慰謝料にびっくりしたFさんは弁護士へ相談しに弁護士事務所に足を運びました。

弁護士は、不貞行為の存在自体を争うとともに、相手方夫婦の破綻も積極的に主張。

結果、訴訟としては4ヶ月間という短期間での和解、また高額減額となりました。

出典:新宿キーウェスト法律事務所HP:不倫慰謝料請求を受けた方(不倫慰謝料請求を受けた方の解決事例)

  • 慰謝料:290万円減額
    (330万⇒40万円)
対応した弁護士事務所:
新宿キーウェスト法律事務所
  • 所在地:東京都新宿区新宿3-11-12 永谷テイクエイト4F
  • 予約方法:メール、電話
  • 着手金:35万円

編集者後記

最初の事例に関しては、大幅な慰謝料減額よりもAさんの希望、条件を優先した粘り強い交渉で弁護士は示談成立。

慰謝料請求のプロのサポートあってこそ実現できたのではないでしょうか。ご自身にも非がある場合の難しい交渉ほど、弁護士の対応は不可欠です。

2番目の事例に関しては、訴訟で4ヶ月というスピード解決という点にも注目すべきです。

訴訟となると長引くと1年を超えることも。なるべくお互いの傷が浅い内に弁護士に依頼し、訴訟まで持ち込まないことが成功のコツです。

離婚の慰謝料請求に強い弁護士事務所リストin関東
離婚の慰謝料請求に強い弁護士事務所リストin関東
離婚の慰謝料請求に強い弁護士事務所リストin関東
Popular Keywords

慰謝料請求されてしまった編