【減額解決事例#1】既婚者だと知らなかった場合

高額な慰謝料請求がある日突然あなたの自宅に…。そのまま支払うのは少し待って!原因や状況によっては減額や0円にすることも可能です。

こちらでは、既婚者だと知らずに付き合っていた男性の妻から慰謝料請求された場合の減額事例をまとめています。ぜひ参考にしてみて下さい。

離婚慰謝料【減額#1】
<既婚者と知らず…>

粘り勝ちの大幅減額

  • 請求してきた相手:
    つきあっていた男性の妻
  • 請求された金額:400万円
  • 解決までにかかった時間:不明

Aさんは職場の同僚Bと交際していましたが、数カ月が経過したころ、Bが既婚者であることを知りました。しかし、Bから『妻とは離婚するから待っていてほしい』と言われ、信じて交際を続けてしまいました。

ところがある日、職場にBの妻から「今後Aさんが夫との関係を断てば慰謝料請求はしない」との通知が届きました。

驚いたAさんは、すぐにBとの関係を終わらせました。しかし、後日、Bの妻からAさんに対して、慰謝料400万円を請求する内容の通知が再び届いたのです。

弁護士は、当初Aさんは、Bさんが既婚者だったことを知らなかったことを主張し、粘り強く交渉を続け、300万円の減額で、示談を成立させました。

出典:法律事務所オーセンス:離婚弁護士の解決事例

  • 慰謝料:300万円減額
    (400万⇒100万円)
対応した弁護士事務所:
法律事務所オーセンス
  • 所在地:東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7F
  • 予約方法:メール、電話
  • 着手金:30万円

離婚慰謝料【減額#2】
<既婚者と知らず…>

和解で250万円の
慰謝料減額

  • 請求してきた相手:
    つきあっていた男性の妻
  • 請求された金額:330万円
  • 解決までにかかった時間:11ヶ月

交際相手のWは、当初既婚者であることを隠していました。その後も交際があったことから、慰謝料請求を0円にすることはできませんでした。しかしながら、裁判上で250万円を減額し、80万円での和解と大幅減額が実現しました。

出典:新宿キーウェスト法律事務所HP:不倫慰謝料請求を受けた方(不倫慰謝料請求を受けた方の解決事例)

  • 慰謝料:250万円減額
    (330万⇒80万円)
対応した弁護士事務所:
新宿キーウェスト法律事務所
  • 所在地:東京都新宿区新宿3-11-12 永谷テイクエイト4F
  • 予約方法:メール、電話
  • 着手金:35万円

編集者後記

一度は慰謝料の請求をしないと言われても、後から請求される場合は非常に多く、交際を終了したと言っても無視することはできません。

1番目の事例は、Bさんが既婚者だったことを知らなかったことを主張し続け、粘り強い交渉をした弁護士の力が大幅な減額に導いたと言えるでしょう。

2番目の事例に関しては、既婚者と知らずに始まった交際とはいえ、交際を継続していたことにより相手の奥様へ精神的苦痛を与えてしまいました。

結果、裁判で争う形になり一審へ。請求棄却には至らず250万円もの減額が叶いました。しかし、自分で手続きをやろうとしていたら、減額はまず難しいケースでしょう。

依頼人が受ける裁判時の精神的なストレスも、弁護士のサポートを得ることで軽減されたようです。

離婚の慰謝料請求に強い弁護士事務所リストin関東
離婚の慰謝料請求に強い弁護士事務所リストin関東
離婚の慰謝料請求に強い弁護士事務所リストin関東
Popular Keywords

慰謝料請求されてしまった編