保険について

離婚をした際の健康保険の変更手続きはどのようなケースがあるのか、手続き方法と共に詳しくまとめました。

離婚における健康保険の変更手続き

離婚をすると配偶者の扶養から抜けることとなるため、これまでの健康保険は使えなくなります。新しい保険の手続きをせずに無保険の期間ができてしまうと安心して生活できなくなるため、自分のためにも子どものためにも、しっかりと手配しておきましょう。

手続きの方法は、これまでに入っていた保険の種類と、離婚後に加入する保険の種類でそれぞれ異なります。ここでは、離婚後に夫の扶養を抜けて新しい健康保険に加入する妻と子どものケースについて解説していきます。

国民健康保険→健康保険

夫を世帯主とする国民健康保険から、離婚後の勤務先の健康保険に加入する場合です。夫は健康保険資格喪失届を市町村役場に提出し、妻と子どもを世帯員からはずします。妻は新しい勤務先を通じて健康保険に加入、健康保険被扶養者(異動)届を社会保険事務所に提出してもらい、子どもを扶養家族とします。

健康保険→新たな健康保険

会社員の夫の扶養をはずれ、離婚後の勤務先の健康保険に加入する場合です。夫は妻と子どもを扶養からはずすため、健康保険被扶養者(異動)届を会社を通じて社会保険事務所に提出。妻は勤務先で健康保険に加入し、健康保険被扶養者(異動)届を社会保険事務所に提出してもらい、子どもを扶養家族とします。

国民健康保険→新たな国民健康保険

夫を世帯主とする国民健康保険から、妻を世帯主とする国民健康保険へ加入する場合。夫は健康保険資格喪失届を市町村役場に提出して妻と子どもを世帯員からはずし、妻は市町村へ国民健康保険の加入手続きを行います。同一世帯に属する子どもの異動届を出し、子どもを扶養に入れます。

健康保険→国民健康保険

会社員の夫の扶養をはずれ、妻を世帯主とする国民健康保険へ加入する場合。夫は妻と子どもを扶養からはずす手続きを行い、妻は夫の勤務先もしくは社会保険事務所から「資格喪失証明書」を取得します。次に、市町村役場に対して国民健康保険の加入手続きを行い、子どもを扶養に入れます。

その他の民間保険の手続き

保険の手続き早めでスッキリ画像離婚の際に忘れてはならないのが、生命保険の受取人の変更手続きです。離婚後も受取人が相手名義になっていると、保険金を受け取る権利はそのまま相手にあります。死亡後に変更することはできないため速やかに手続きを行いましょう。この場合は、受取人を自分の親か子どもに変更しておくのが一般的のようです。受取人の変更だけでなく、保険証書の再発行手続きも忘れずに行いましょう。

子どもの学資保険がある場合は、契約者を子どもを引き取る側の名義に変更します。学資保険は契約者に万が一のことがあった場合、保険金や給付金が契約者または被保険者に支払われます。親権がある側に自動で変更されたりはしないので、きちんと手続きをしておきましょう。ちなみに、解約する場合は払戻金が夫婦二人の共有財産となるため、財産分与の対象となります。

この記事の関連のページ